きゅうりが高い!2018年夏のスーパーの値段の相場価格も高騰?

夏といえばきゅうりですよね!でも最近、猛暑や大雨できゅうり高くないですか??

サラダや付け合わせ、1本丸かじりなどで使いますが、きゅうりの相場っていくらなんだろう?って疑問に思うことないですか?

きゅうりって結構スーパーによって値段のばらつきがあるきがします。

調べて行きましょう(*´∀`)

スポンサーリンク

きゅうりが高い!2018年の平均値段の相場はいくら?

まず始めに農林水産省から食品価格動向調査できゅうりの値段をご紹介します。

1kgあたり512円ですが、1kgだとあまり実感沸かないですよね。

きゅうりは1本約100gのため、1本単位にすると以下になります。

  • きゅうり:1本あたり51.2円

こちらは各都道府県10店舗(全国470店舗)について訪問調査されています。

農林水産省が出している全国の平均価格なのでお住いの地域とは値段のばらつきは生じると思います。

2018年スーパー別きゅうり1本の価格は高騰?

スーパー別にきゅうり1本の値段を調査してみました!お住いの地域やスーパーによって若干違うところはあると思いますがそちらはご了承ください。

スーパーによって税抜・税込が異なるため、全て税込みの価格にそろえてご紹介しております。

  • 西友スーパー:62円
  • イオン:51円
  • イトーヨーカドー:85円
  • ライフ:83円

猛暑や大雨の影響で少しずつ値段が上がっていますが、さらに高騰していく可能性があります。卸売り価格では、すでに去年と比べて50%ほど上昇しています!

後ほど猛暑や大雨の影響を受けた野菜を紹介します!

きゅうりの重さが1本100gの理由は?

出荷されるきゅうりは重さ80~120gとだいたい決まっています。

それ以上に重くなると、中のタネが大きくなり食べた時に気になります。1本丸かじりや、スライスしてサラダに付けた時、タネが口の中で感触が残るのは良くないとされているのです。

逆に軽すぎる、小さすぎるきゅうりは、味も美味しく出荷には問題ありません。ただ収穫の重量が減ると生産者の売上にもかかわるため、適度な重さの80~120gが好まれます。

猛暑や大雨の影響で野菜が高騰?

猛暑や大雨により一部の野菜が高騰しています!

すでに高騰し始めているキャベツやピーマン、茄子(なす)の記事も参考にしてくださいね。



その他の野菜やお肉などの記事となります。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です