モーリー・ロバートソンの若い頃は?日本語がペラペラな理由は?

みなさんは、アメリカ人タレントのモーリー・ロバートソンさんをご存知でしょうか?

タレント以外にも、多岐にわたって活躍していることで有名な人物です。

さて、そんなモーリー・ロバートソンさんは、若い頃も話題だったようですね。

アメリカ人なのに、どうして日本語がペラペラなのかということも気になります。

それには、実に意外な理由があったのでした。


ハロウィンコスチューム
1DAYカラコン

モーリー・ロバートソンのプロフィール

モーリー・ロバートソンさんは、アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフタレント

女優の池田有希子さんとは、法律上の夫婦ではないものの、事実婚関係にあります。

モーリー・ロバートソンさんは、初め、ミュージシャンとして日本の芸能界に入りました。

以後、タレントを始め、ジャーナリスト、ラジオパーソナリティなど、実にはばひろい分野において活躍していくことに。

『スッキリ』『所さん!大変ですよ』など、コメンテーターとして出演している番組も多数に及んでいます。

著書についても、一般書籍に電子書籍と、かなりの数に及んでいました。

このように、もはやタレントという枠にはまらないような、モーリー・ロバートソンさん。

それでは、彼の若い頃や、日本語がペラペラな理由について、見ていくことにしましょう。

モーリー・ロバートソンの若い頃は?

モーリー・ロバートソンさんは、1963年1月12日生まれで、2018年現在、55歳になります。

しかし、年齢のわりには若々しく、外見もイケメンだと思いますね!

では、もっと若かったころはどうだったのかと思い、調べてみると、予想通りのイケメンで、ネットでも話題になっていました!

高校生だったころは、「フリクション」というバンドで活躍していたという、モーリー・ロバートソンさん。

まるで、1960~1970年代の洋楽ミュージシャンのレコードのジャケットに出てくるような感じのかっこよさですね。

実際にバンド活動もしていたからか、さまになっています。

もっとも、モーリー・ロバートソンさんがかっこよかったのは、未成年のころだけではありません。

今から20年くらい前の画像も、まだ髪がふさふさだったので、渋いです(笑)

繰り返しになりますが、そうではなくなった現在も、じゅうぶんかっこいいですから、すごいですよね!

きっと、今から20年経った後も、モーリー・ロバートソンさんは渋いままでいてくれるのではないでしょうか。

モーリー・ロバートソンの日本語がペラペラな理由は?!

そんなモーリー・ロバートソンさんは、アメリカ人タレントのわりに、日本語がペラペラ。

デーブ・スペクターさん、ケント・ギルバートさんなど、同じようなタレントはいますが、彼の場合は、かなり意外な理由があったのです。

1つは、子供のころ、長く日本で暮らしてきたということ。

モーリー・ロバートソンさんは、生まれはアメリカながら、一時、アメリカへ戻ったほかは、広島県や富山県で過ごしていたのですね。

もう1つは、その抜群の頭脳が関係していました。

モーリー・ロバートソンさんは、東京大学中退後、ハーバード大学卒という、世界的な高学歴なのでした!

ほかにも、イェール大学、スタンフォード大学、プリンストン大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校に全部合格したといいますから、すごすぎます!

こんな人物であれば、日本語くらいかんたんに習得してしまうことでしょう(笑)

ちなみに、ハーバード大学では、音楽を専攻していたといいますから、ただ勉強しただけではなく、学んだことを人生でしっかり活用していたというわけです。

これからも、そのとびきりの頭脳を生かして、ますます活躍していってほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です