鈴木康大が逮捕や起訴されない理由は?薬物混入してバレた経緯も調査!

カヌースプリントに日本選手に出場していた鈴木康大選手が小松正浩選手の飲み物に薬物を混入していたそうです。小松正浩選手はどーピング検査で陽性になって停止処分を受けていたようですね。

2人共2020年の東京五輪を目指すアスリート界のトップ選手であるのにこのような前代未聞の事件が起こり世間はもちろん騒ぎまくりですね。。。

今回薬物を混入していた鈴木康大選手ですが逮捕・起訴されると思いきや厳重注意の処分という甘々な処分なんです。なぜ逮捕や起訴されないのでしょうか?

そして薬物を混入してバレた経緯も調査していこうと思います。


ハロウィンコスチューム
1DAYカラコン

鈴木康大が逮捕・起訴されない理由は?

小松正浩選手の飲み物に薬物を混入して処分はたったの8年間の資格停止。甘いですよね?

他の選手に対しても練習や競技で使用する道具を盗んだりする窃盗罪にあたる妨害行為も行っていたのに逮捕・起訴されないなんておかしくないでしょうか?

そこはやはりスポーツ業界から逮捕・起訴になると大事になってしまうことを恐れているのでしょうね。丸く収めたいという気持ちが多いのでしょうね…。

薬物を混入してバレた経緯を調査!

鈴木康大選手は東京五輪にでたく、ライバルを陥れようとして小松正浩選手の飲み物に薬物を混入させたようですね。

一緒に練習やロッカーが一緒だったら飲み物に入れることは簡単でしょうね。

鈴木康大選手のロッカーに筋肉増強剤が見つかったのではないでしょうかね。

陽性反応をでた後小松正浩選手は否定をしたはずなので、スポーツ業界もきちんと調べたら鈴木康大選手は筋肉増強剤の薬を持っているし、問い詰められたのではないでしょうか。

悪いことって絶対にばれますよね。。前代未聞の事件ですがこれからも話題は付きなそうですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です