蜷川幸雄監督が吉高由里子に出演してほしかった作品は何?【行列のできる法律相談所】

9月17日の行列のできる法律相談所で吉高由里子さんが出演されてますね!めちゃくちゃ可愛い~!!

その時の蜷川幸雄監督と、吉高由里子さんのエピソードについて書こうと思います!


ハロウィンコスチューム
1DAYカラコン

蜷川幸雄監督と吉高由里子のエピソード

吉高由里子さんの「これはやばかったエピソード」で「蛇にピアス」に出演されたとき首を閉められるシーンを撮ってる歳蜷川幸雄監督も自分自身の首を締めていたそうです。笑
これを知って吉高由里子さんは「めちゃくちゃ愛がある!」と思ったそうです!

その後に吉高由里子さんが初舞台に出る際、不安でしかたなかった時に、蜷川幸雄監督に会い「吉高由里子なら大丈夫!でももったいない!!」と言ったそうですがその
「もったいない」の意味は

「そんな舞台にでて俺と(蜷川幸雄)組まないなんてもったいない!」と言ったそうです。その後亡くなってしまい吉高由里子さんは「もったいない」の意味がわからなかったそうですが
娘の蜷川実花さんが出演され「吉高由里子に合う作品がある」という事を話していたそうです。

ただどの作品かは発表されませんでした…。 気になりますよね…。いったい誰なのでしょうか?!

蜷川幸雄監督が吉高由里子に出演してほしかった作品は?

  • 蛇にピアス(2008年

こちらの作品が蜷川幸雄監督と吉高由里子さんの初共演なのでこの後の蜷川幸雄監督の作品になります。

2008年以降ということと有名な作品でかんがえたところ

「尺には尺を」

の多部未華子さんの作品な気がします。

まとめ

今回は吉高由里子さんと蜷川幸雄監督のg「行列ができる法律相談所」で話したやばかったエピソードについて調べてみました!

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です