中野章三(中野ブラザーズ)wikiプロフィールにタップダンス経歴!

8月28日の24時間テレビでタップダンスの世界最高齢の中野章三さんが生出演されるということで話題になってますね。

世界最高齢でタップダンスを現役で踊り続けている方が日本にいるなんて全く知りませんでした。
なんと海外でも公演していて成功している素晴らしい才能をお持ちの方なのです。

中野ブラザーズということなので恐らく兄弟でご活躍されていたと思いますのでそちらも踏まえて、中野章三さんについて気になるので調べていこうと思います。

スポンサーリンク

中野章三さんプロフィール

  • 名前:中野章三(なかの しょうぞう)
  • 生年月日:1937年2月8日(2017年時点で80歳)
  • 出身地:東京
  • 兄弟:兄が1人

タップダンスの出会いは?

お兄さんが12歳、中野章三さんが10歳のときにミュージカル映画「踊る結婚式」を見た時フレッドアステアのタップダンスがタップダンスとの出会いだそうです。

10歳のときにも関わらず、その素晴らしさを肌で感じて素晴らしさとかっこよさで興奮していったそうです!そこからタップダンスの虜になり、お兄さんと絶対やりたいと決め2人でレッスンを初めたそうです。

10歳のときにもうタップダンスの魅力がわかる方だったんですね!!
ミュージカル映画を見て衝撃が走ったのでしょうね。

経歴

1947年:10歳からプロのダンサーとしてお兄さんの中野啓介さんと京都でタップダンスを吉田タケオさんの元で習う
1953年:お兄さんと「中野ブラザーズ」結成
1954年:米軍のキャンプショーでタップダンサーとして活躍する
1954年:東京に進出して、数々のトップスターと全国主演劇場にて公演する
1959年:ラスベガスで1年間のロング公演を成功させる
1960年:「江利チエミショウ」と「ジャズショウ」に出演。日劇ダンシングチームとスコットランド、イングランド、コペンハーゲン公演。
1962年:フジテレビ「シオノギ・ザ・ビックショー」レギュラーに江利チエミ主演ミュージカル「スター誕生」出演
1965年:新宿コマミュージカル「陽気に踊ろう」「江利チエミショウ」「チエミと共に」出演
1966年~1976年:「キス・ミー・ケイト」「トゥー・ダーン・ホット」「水谷良重ショウ」「土曜日の恋人・園まりショウ」出演
1977: 東芝EMI「TAP中野ブラザーズ」制作する。「桜田淳子ショウ」「踊るゆうれい船」「鼻のお六」
1978年~1980年:江利チエミ、橋幸夫、島倉千代子等の舞台、ミカド、テレンコーター、月世界、コパカバーナ等の一流クラブにて振付、出演をこなす。
1981年:「さよなら日劇」で日曜劇台の舞台を踏む、TBS「ザ・ホリデー」出演。「ピアノふぉる亭」「チエミショウ」出演
1982年:NEW YORKラジオシティミュージックホール50周年記念公演「アンコール」の「日本の春」の振付担当する。「松島トモ子リサイタル」出演。
1983年:東京ディズニーランド・オープニング・ショウ出演。タップのレッスン開始。
1984年:「松島トモ子リサイタル」再演。
1985年:「つくば科学万博」のタップダンスを振付。少年隊ミュージカル「ザ・サスケ」振付。

長いタップダンスの経歴の中で1985年までご紹介させていただきましたがもっともっと沢山の事に出演しており、そして振り付けを担当されております。

ラスベガスでの公演

ラスベガスで「ホリデイ・イン・ジャパン」のロング公演を日本人初成功させています。

ラスベガスといえば様々なショーが毎日毎日行われているところですよね。私自身も何度かラスベガスを訪れてショーを拝見させていただいてます。
まず本当に思うのが1年間の公演を成功させるのって本当にすごいことです。

ラスベガスのショーは毎日夜沢山行われていてそれも聞いたことあるショーばかりが生き残ってるのです。

  • シルクドソレイユ
  • マライア・キャリー
  • セリーヌ・ディオン
  • ブルーマングループ

もちろんもっと沢山ショーはありますが、人気なショーが沢山あるラスベガスで日本人としてショーを1年間成功させたことは素晴らしい快挙だと思いますし、日本人として尊敬致します。

中野ブラザーズとは?!

中野ブラザーズは中野章三さんとお兄さんの中野啓介さんとの日本のタップダンスユニット、そして振付家になります。
実のお兄さんとのご活躍されていたのでとても息がぴったりなお二人でした。

兄・中野啓介さんプロフィール

  • 名前:中野啓介(なかの けいすけ)
  • 生年月日:1935年3月21日
  • 出身:東京都
  •     

  • 享年:2010年8月10日

お二人共70歳を超えても現役のタップダンサーとして活躍をし続けてましたが、お兄さんが75歳のときにに残念ながら急逝されましたがその年の4月にもステージに立ってるため生涯現役のまま天国に旅立ってるんですね。

まとめ

世界最高齢のタップダンサー中野章三さんについて調べてみました。
これからも元気でダンスをしてる生涯現役のタップダンサーとしてご活躍されていることでしょう!

  • 中野章三さんは世界最高齢のタップダンサー
  • 中野ブラザーズは実兄とのタップダンスユニット
  • お兄さんの名前は中野啓介さん

こちらもどうぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です