ドーピングをした自転車男子ケイリン選手は誰?名前は寺崎浩平?

今回のニュースは日本で初めてのドーピング陽性がでたことにより話題になってます。

内容は自転車青年男子競輪選手で優勝した方がドーピングしていたという内容…。

これは本当なのでしょうか?!そして誰なのか気になるため調べてみることにしました!

スポンサーリンク

国体優勝選手ドーピング検査陽性のニュース内容

ニュースの内容はこちらです。

昨年10月に岩手県で行われた第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝した選手が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが17日、分かった。日本体育協会によると、国体では2003年の静岡国体以降、ドーピング検査を実施してきたが、陽性反応が出たのは初めて。

 日本アンチ・ドーピング機構は昨年12月に4年間の資格停止処分を科す決定を下したが、男子選手はこれを不服とし、日本スポーツ仲裁機構に決定取り消しを申し立てた。同機構は18日に判断を公表する。

 男子選手は全日本選手権トラックレースのマディソンでも15、16年に優勝。岩手国体には福井県連盟の所属選手として出場した。 

競輪といえばファンの方もたくさんいると思いますし、よくCMで流れているので知ってる方も多いですよね。

海外の選手でドーピングに引っかかってしまったケースはよく聞きますが日本では全く聞かないので衝撃的なニュースになりますよね。

ドーピングをした選手は誰か?!

今回ドーピングをしたかもしれないという報道はでましたが誰かというのは明らかになってません。

いったいこれは誰なのかが皆さん気になる所ですよね。

この報道からのヒントは…

  • 岩手県で行われた第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝した選手
  • 男子選手は全日本選手権トラックレースのマディソンでも15、16年に優勝
  • 岩手国体には福井県連盟の所属選手として出場

ですよね。

まず岩手県で行われた第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝した選手は寺崎浩平さんです。

そしてこのときは福井県連盟の所属選手として出場されていました。

そしてトラックレースのマディソン2015年優勝者の記事を発見し、そこには寺崎浩平さんの名前がありました。

第84回全日本自転車競技選手権トラックレースが4月11日に静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで開幕し、男子マディソンで新村穣と寺崎浩平の法政大チームが優勝した。

この時点で今のところ寺崎浩平さんで間違いないのではないでしょうか。

まとめ

国体初のドーピング陽性反応なので本当にこれが事実でしたら日本では衝撃的な事実になること間違いないのではないでしょうか。

疑われている人は今のところ不服を申し出ていますがどうなるのか注目どころですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です