峯田和伸の服装や髪型が変わった?昔の画像と比較してみた!

俳優であり、シンガーソングライターとしても活躍している、峯田和伸さん

彼についてネットで調べていくと、服装や髪型が変わったと、話題になっていたようですね。

いったい、どういうことだというのでしょうか?

ここでは、現在の峯田和伸さんと昔の彼の画像の比較もしていきたいと思います。

はたして、その違いとは…?

スポンサーリンク

峯田和伸のプロフィール

峯田和伸さんは、1977年12月10日、山形県出身の40歳です。

峯田電器を経営する実家に生まれ、東京情報大学経営情報学部を卒業後、GOING STEADYのヴォーカリスト兼ギタリストとしてデビューを果たしました。

GOING STEADYの解散後は、銀杏BOYZにおいてヴォーカリスト兼ギタリストを務めています。

一方で、峯田和伸さんは、俳優としても活躍していて、映画では『ピースオブケイク』など、ドラマではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』『恋仲』『世にも奇妙な物語』などへも出演していました。

2019年には、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演予定となっております。

さらに、作曲家として関ジャニ∞に「言ったじゃないか」を提供したり、CM出演をするなど、峯田和伸さんは、多岐にわたって活躍していたようですね。

峯田和伸の服装や髪型が変わった?

なんといいましても、最近では、有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』での演技が記憶にあたらしい、峯田和伸さん。

しかし、そんな峯田和伸さんは、服装や髪型が変わったなどといわれていたようですよ。

どういうことなのか、とても気になって来ますよね?

くわしくは次で述べることにしますが、峯田和伸さんは、もともと、けっこう変わった人物として有名
だったのでした。

風貌も独特な感じですし、それゆえに、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』でも、その存在感は大きかったものですよね。

ところが、ネットで調べてみると、峯田和伸さんには、その性格などをめぐって、いろいろな疑いがかけられておりました。

キャラクターのせいだけなのかと思いきや、なんと、過去に数回、公衆の前で全裸になったことがあったそう(笑)

しかも、国内だけではなく、台湾でもやらかしていたというのですね!

これなら、変わった人物として有名であっても、仕方ないかもしれませんね(笑)

峯田和伸さんの俳優、シンガーソングライターとしての活躍はすばらしいので、ぜひ、がんばっていただきたいですけどね!

峯田和伸の服装や髪型を昔の画像と比較してみた!

ということで、いろいろと変わった面をお持ちだった、峯田和伸さん(笑)

では、服装や髪型が変わったと言われていたのはどういうことだったのか、見ていきましょう。

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、小祝宗男という役を演じていた、峯田和伸さん。

服装はともかく、髪型については、かなり変わったものでした。

生瀬勝久さんが『TRICK』でやっていたような、思いっきり不自然な感じの髪形だったのですね。

生瀬勝久さんが『TRICK』でやっていたのはヅラという設定の役でしたが、峯田和伸さんはあくまでもそうではないようですけどね(笑)

また、「変わった」というのは「変」という意味だけではなく、以前と変化したという意味もあったそう。

そこで、さっそく、現在の峯田和伸さんを昔の画像と比較していきたいと思います。

昔から変わった外見だったのかと思いきや、峯田和伸さんはもともと普通だったようですね。

短髪だったという時期もありましたが、こっちはこっちでかっこいいように思います!

服装は今の方がおしゃれなイメージがありますね~!!!

が、やはり以前から「兆候」があったのか、モヒカンのような時期もありました(笑)

今後も、峯田和伸さんの髪型がどのような変化を遂げていくことになるのか、実に興味深いですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です