熊谷和徳の高校やwiki風プロフィール!実家のカフェの場所も調査!

ダンサーとして活躍している熊谷和徳さんについて、まとめていきたいと思います。

いったい、どのようなプロフィールの持ち主で、高校はどこの出身なのでしょうか?

熊谷和徳さんといえば、実家がカフェをやっていたということでも話題になっていたそうです。

そこで、実家のカフェについても、場所がどこなのかなど、確認していきましょう!

スポンサーリンク

熊谷和徳のwiki風プロフィール!

熊谷和徳さんは、1977年3月30日、宮城県出身の40歳。

中学時代にタップダンスをやり始め、その後、10代のうちにアメリカへ渡って本格的に勉強に取り組んでいきました。

普通なら、まだ親の世話になっているような感じでしょうから、すごい行動力ですよね!

成功する人はやっぱり普通の人とは異なるものがあるのでしょう。

その後の熊谷和徳さんは、ブロードウェイのオーディション合格を経て、次第に活躍の場を広げ、タップダンサーとしての地位を確立。

「K.K.QUINTET」というバンドを結成したり、あの東京フィルハーモニー交響楽団と共演するなど、ジャンルを超えた活躍を見せました。

プライベートでは、歌手であるカヒミ・カリィさんと結婚し、1人娘をもうけています。

そんな熊谷和徳さんは、現在ではニューヨークをメインに活動していますが、『僕らの音楽』や『ザ・ミュージックアワー』など、日本の番組などにも登場しています。

今後の活躍がますます楽しみになりそうですね!

熊谷和徳の高校はどこ?

熊谷和徳さんの卒業した高校とは、どこだったのでしょうか?

出身が宮城県ということですから、宮城県立の高校だったのですかね?

しかし、調べてみると、そうではなく、東北学院中学・高校という、宮城県内にある私立高校だったのでした!

ミッション系で、イギリスのイートン・カレッジと交流しているといいますから、ニューヨークで活躍するような熊谷和徳さんの出身高校としては、納得ですね!

中高一貫校ですから、おそらく、熊谷和徳さんは、中学校もこちらだったものと思われます。

さて、中学、高校とくれば、大学も気になるわけですが、熊谷和徳さんの出身大学とは、どこなのでしょうか。

渡米してダンス修行をしていたわけですから、大学には入っていないのかと思いきや…。

なんと、ニューヨーク大学卒業だったのでした!

ダンスに明け暮れていただけではなく、学業のほうもきわめて優秀だったとは、本当にマルチな人だったのですね。

熊谷和徳さんの一般的なタップダンサーという域を超えた活動についても、なるほどという感じがしてきます。

日本からアメリカへ渡るだけでもすごいのに、タップダンサーとして大成し、ニューヨーク大学にまで行くわけですから、本当に何から何まで違う感じですよね。

熊谷和徳の実家のカフェの場所も調査!

これだけ天才的な感じの熊谷和徳さんは、実家についても注目の的となっていたみたいです。

といいますのも、熊谷和徳さんの実家は、普通の実家ではなく、カフェだったからなんですね!

有名人の実家が飲食業というのはよくありますが、こういうのはファンにとっては本当にうれしいことでしょう。

自分の好きな有名人の実家に合法的に入れるわけですからね(笑)

では、そのカフェはどんなお店で、どこにあるのでしょうか?

名前は「Cafe Procope」といいます!

Check
  • 「Cafe Procope」
  • 場所:宮城県仙台市青葉区一番町4-5-2

単なる有名人の実家ではなく、お客からのコーヒーのクオリティーへの評価はとても高いお店でした。

ひさしぶりにこちらのカフェ。 カフェプロコプさんでカフェノワール。 かなり濃い口ですよ、とお店の方に言われたけど、濃口大歓迎!の私としては、全然平気でした。 むしろ、アーケードのとある紳士服店の地下にある某喫茶店の方が苦味も強かったような。 お店の奥にはグランドピアノも置いてあったりとあるタップダンサーの方とも縁の深いこちらのお店。 大きな声でおしゃべりには不向きで、ひとり、または2人でふーーっと落ち着くにはぴったり。 ちなみに、紅茶のメニューもあります。 おいしいコーヒー、ご馳走さまでした。 仙台の街中では老舗の喫茶店。 こういう喫茶店、ずーっと続いてほしい。 #coffee #coffeetime #coffeeshop #sendai #holiday #コーヒー #珈琲 #喫茶店 #自家焙煎 #コーヒータイム #珈琲時間 #仙台 #カフェプロコプ #舌噛みそうな名前 #老舗の喫茶店 #チェーン店に負けるな

@ kaccorinがシェアした投稿 –

それもそのはず、コーヒー豆は、ブラジルやベネズエラから仕入れたという逸品なのだとか。

熊谷和徳さんのファンはもちろん、コーヒー好きであれば、一度は来店してみたいものですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です