市川右團次の嫁は明子?息子の小学校の値段がヤバイ?

歌舞伎役者として活躍している、市川右團次さん。

スーパー歌舞伎で有名になっている人物ですが、そんな彼について見てまいりましょう。

市川右團次さんが結婚した嫁の名前は明子といわれているのは、はたして本当なのでしょうか?

そして、嫁とのあいだに生まれた息子が通っている小学校とは、いったいどこ…?

さっそく、ご覧ください。

市川右團次のプロフィール

市川右團次さんは、日本舞踊の家元である飛鳥峯王さんの息子として生まれました。

しかし、日本舞踊ではなく歌舞伎の道へと進み、三代目市川猿之助さんの弟子となって、「市川右近」となります。

歌舞伎役者としてはスーパー歌舞伎で活躍して、人気を博していくことに。

「市川右團次」となったのは、つい最近である2017年のことでした。

実は、「市川右團次」という名跡は、先代が亡くなってから約80年も経っており、襲名といいますか、再興に近い感じだったようですね。

歌舞伎役者のほかに俳優としても活躍しており、『赤穂浪士』といった時代劇のほか、『陸王』などのドラマにも出演しています。

咲くやこの花賞など、受賞歴も多数となっております。

市川右團次の嫁は明子?

そんな市川右團次さんは、結婚歴が多いということでも有名な人物なのでした。

なんと、2018年現在で、結婚を3回、離婚を2回も経験していたのですね!

ちなみに、歴代嫁は、現在の嫁も含め、みんな美人ばかりだったといいますから、実にうらやましい話ではないでしょうか?

1人目の嫁はモデルをしていたという女性でした。

ところが、市川右團次さんは、1人目の嫁とは、たったの1年足らずで離婚してしまったとのこと…。

離婚原因については分かっておりません。

性格の不一致とかでしょうか?

2人目の嫁はキャビンアテンダントをしていたようですね。

モデルもそうですが、キャビンアテンダントも美人でないとなれないような職業でしょう。

つくづく、市川右團次さんがうらやましいですね。

しかし、この嫁についても、やはり3年くらいという短期間で離婚してしまったのでした。

気になる3人目、つまり現在結婚している嫁について、見ていきましょう!

この嫁とは、2006年に結婚したそうですが、職業はモデルだったといわれています。

これまた、美人で納得ですよね。

名前は明子さんというそうで、結婚からもう12年も暮らしていますし、市川右團次さんは、やっと生涯の伴侶を手に入れることができたみたいです。

なお、明子さんは、市川右團次さんよりも10歳くらい年下なのだとか。

これだけ年の差があって円満にやってきているわけですから、そうとう相性はよいものだったのでしょうね。

市川右團次の息子の小学校幼稚舎の値段はいくら?

市川右團次さんと明子さんのあいだには、息子が生まれていました!

気になる名前なのですが、「タケル」というそうなのです。

ずいぶん立派な名前だと思ったら、スーパー歌舞伎の『ヤマトタケル』から取ったそうですね。

著名人の息子とくれば、学校も気になりますが、市川右團次さんの息子は、どこの小学校に通っているのでしょう…?

断定はできないのですが、慶應義塾幼稚舎である可能性が高いといわれています。

「幼稚舎」といっても、慶應義塾の場合は、小学校のことですね。

なぜ、慶應義塾幼稚舎なのかというと、市川右團次さんもここの出身だったからなのです。

市川右團次さんの最終学歴は、なんと、慶應義塾大学法学部卒業だったのですね。

学費の値段も気になりますが、慶應義塾幼稚舎の場合、初年度で153万円!

父親の優秀な頭脳を引き継いでいるとみられる息子にも、ぜひ、慶應義塾大学までがんばってほしいですね。

慶應義塾幼稚舎であれば、あとはエスカレーターで行ける可能性が高いですけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です