だる満月とは?見れる条件や場所はどこ?画像もご紹介!

「だる満月」はご存知でしょうか?私自身初めて聞いた満月の名前なんですが「だるまのように見える満月」として「だるま満月」を撮影に成功した買ったが「だる満月」と名付けたそうです。

さて、その「だる満月」ですがyahooのトップニュースになるほど本当に珍しい現象だそうですがどのくらい珍しいのでしょうか?見れる条件やどこで見れるかなども調査していこうと思います。

スポンサーリンク

だる満月とは?画像もご紹介!

だる満月は、大気と界面の温度差によって界面近くの大気の層がレンズの役割をお越し、屈指することにより2つの月が重なったようにみえるのです。

光の屈指によって海面が立ち上がり、そこの部分に月の光が映し出されて見えるそうです。水平線に見える部分は見せかけの水平線だそうですよ。

だる満月の見れる条件や場所は?

だるま満月は、だるま夕日や、だるま朝日よりも条件が厳しく希少価値があります。

  • 満月の日
  • 水平線に障害がない状態
  • 快晴
  • 海面と大気の温度差

これら全部の条件をクリアーしないとこのだる満月(だるま満月)は見ることができません。ほぼチャンスがないといってもいいぐらいです。

11月4日に「だる満月」の撮影に伊勢志摩から成功したそうです。他の場所で見ることができるかというのは申し訳ないのですが私自身わかりませんが、伊勢志摩で撮影が成功したということは望みは薄いですが、チャンスはあるということがわかりますね。

撮影に成功した方はどんな人?!

今回「だる満月」の撮影に成功した方は、中学生に陸上競技などを教える向井さんという方です。元々写真が好きだそうで、朝日や伊勢島から絶景の撮影をしているカメラマンだそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です